ついに開幕!いま話題沸騰中のB.LEAGUE(ビーリーグ)の魅力に迫る

スポンサーリンク

最近バスケ熱が上がってきてます、どーもパパきんめです。

バスケといえばそう、2016年9月22日(木)にB.LEAGUEが開幕します。

青春時代をバスケ漬けで過ごした身としては、日本がバスケに熱狂する日が来ると思うととても感慨深いです。

渋谷の地下通路にはデカデカとポスターが貼ってあったり、物販のブースが即席で作られたりと、世間の目に触れることも多くなってきました。

そこでいま話題沸騰中のB.LEAGUEの魅力について、パパきんめがドドーンとご紹介していきます。

B.LEAGUEとは?

話題にはなってるとはいえ、まだまだ知らない人が多いと思うので、まずはB.LEAGUEとはなんぞやってところについて書いていきます。

MISSION – B.LEAGUEの使命

「B.LEAGUEは、バスケットボール界をより発展させ、より良い未来を築くために以下の3つの使命を果たすことをお約束致します。」

とのこと。

そしてB.LEAGUEには3つの使命があります。

  • 世界に通用する選手やチームの輩出
  • エンターテイメント性の追求
  • 夢のアリーナの実現

どれも楽しみなものばかり!
ぜひ実現させてもらいたいです。

REGULATION – レギュレーション

次に試合の形式について。

  1. 2016-17 B1・B2リーグ戦フォーマット

    各クラブ60試合のリーグ戦。タフな日程でしのぎを削る

  2. 2016-17 Bリーグチャンピオンシップフォーマット

    緊迫感のある試合をより多く。チャンピオンシップは8クラブ出場

  3. 2016-17 B2プレーオフフォーマット

    2プレーオフは4クラブ出場。B1昇格をかけたトーナメント

  4. 2016-17 B1残留プレーオフフォーマット

    年間下位4クラブによる残留争い。敗退した2クラブは自動降格へ

  5. 2016-17 B1・B2入れ替え戦フォーマット

    B1リーグをかけた一発勝負の入れ替え戦

  6. 外国籍選手の登録数とオンザコートルール

    B1オンザコートルールは、試合ごとに各クラブが設定し、事前申請制へ

スポンサーやアドバイザーが豪華

トップスポンサーにはソフトバンクやスポーツナビが決定。

アドバイザーにはサッカー・Jリーグの初代チェアマンを務めた川淵三郎さんが就任しました。

さらにB.LEAGUEの記者会見にはホリエモンも出席して「100万人集客への貢献とIT企業の誘致」と公約を掲げた。

これだけ見てもどえらいことなのに、三代目J Soul Brothersの岩田剛典さんと山下健二郎さんとコラボしたMEN’S NON-NOの特別版も発売され、E-girls藤井姉妹が開幕戦のテーマソングを歌うという豪華さ。

もう鼻血ブーしちゃうなこりゃ。

バスケの試合っていうより一種のエンターテイメントと捉えたほうがいいですね、はい。

紹介動画もめちゃくちゃかっこいいぞ

B.LEAGUEの紹介動画も圧巻のクオリティです。

バスケ経験者で最近やってない方は「久しぶりにバスケしてぇ」って思うはず 笑



いやー、どれもめちゃめちゃカッコいい動画ばかりでワクワクしますねー。

まとめ

駆け足で進めてきましたがB.LEAGUEいかがでしたか?

この記事の最後に公式サイトへのリンクを貼っておくので、お気に入りのチームを探してみてくださいね。

B.LEAGUEがきっかけになってバスケ界からもイチローや本田圭佑、錦織圭みたいなスーパースターが出てくるといいなー。

バスケの日本代表が世界の強豪国と戦って、その姿を日本中が応援する。そんな日が来たら嬉しすぎて泣いちゃう人も多いんじゃないかな。

そんな無限の可能性を秘めているB.LEAGUE。

開幕戦は地上波のフジテレビでも放送されるので、ぜひみんな見てくださいね!

あぁ、バスケしてぇ。

www.bleague.jp

こちらの記事もおすすめです

Kの部屋でスラムダンクの続きが読める!文字だけなのに号泣するレベルの感動を味わうべし

2016.02.06

アイキャッチ出典:https://www.bleague.jp/

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)