読書感想文Vol.2「お金を整える」

スポンサーリンク

涼しい日が多くなってきましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

どーも、パパきんめです。

季節の変わり目ってことで子きんめが風邪をひきました(T_T)

週末は幼稚園の運動会があるので早く治るといいけど。

さてさて、今回は読書感想文シリーズ第二弾!

第一弾から結構時間が空いちゃったんですが、根気良く続けていきますよっと。

紹介するのは市居 愛さんの「お金を整える」です。

本の概要

秘訣は、お財布や通帳、冷蔵庫などお金が入ったり出たりする「通り道」を整えたこと。では、どうやって整えたのか…。話題のマネーコンサルタントがはじめて明かす、お金と人生が劇的に変わる方法。

お金に関しては前々から不安があって、何も考えずに生きてたらマズイなぁという危機感がありました。

一家の主人として家族をしっかり養っていかないといけないので、お金に対する考え方や知識を身につけようと買った一冊です。

パパきんめDog-ear

  • 一万円札を手前に配置して「お財布を開いたときに、いつも一万円が見える」ようにする
  • レシートは全て捨てる
  • 一万円札を3つ折りにして、お財布のカード入れの一番見やすい位置におさめる
  • お金を引き出すのは毎月2回までにする
  • 冷蔵庫の中の食材の位置を決める

「お金を整える」は嫁きんめに読んでもらいたい内容が多く書かれてました。

というのも、きんめ一家は嫁きんめが財布を管理しているので、お金に関するノウハウは奥さんが学んだほうがいいと思ったからです。

そして著者の市居さんが主婦目線の本を執筆していると感じたからです。

ただ、自分でもすぐに実践できることは多く書かれていたのでとても勉強になりました。

ここで挙げたDog-earの内容がなぜ大事かは実際に本を読んでもらえれば分かりやすく書いてありますので読んでみてくださいね。

まとめ

「お金を整える」とてもためになる本で買って良かったです。

一万円札を札入れの手前に入れて、千円札は奥に入れて守るという発想は感心しました。

今まで一万円札を奥に入れていたので、全く真逆のことをしでかしててハッとなりました(´Д` )

この方法を実践したら一万円札が本当にガーディアンのように千円札を守ってくれてる気がして、少なからず出費も減った気がします。

カードもこの機会にごそっと減らしたので、財布がだいぶ軽くシンプルになりました。

貯金ができないなーとか今月も散財しちゃったなって方にはぜひ読んでもらいたい一冊です。

こちらの記事もおすすめです

読書感想文Vol.4 「自由であり続けるために20代で捨てるべき50のこと」

2017.02.25

読書感想文Vol.3 「藤原和博の必ず食える1%の人になる方法」

2017.02.07

読書感想文Vol.1「エッセンシャル思考」

2016.08.10

アイキャッチ出典:http://okanetotonoeru.jp/

スポンサーリンク


\ SNSでシェアしよう! /

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)